TOP CULTURE

ネクストのカルチャー

ネクストは、仲間を大切にする会社

私たちは、利他主義を社是に掲げ、全方位の人をHappyにしたいと考えています。それはユーザー、クライアントに対してだけでなく、一緒に働くメンバーに対しても同様です。

日々の仕事で成果を出すためにお互いが協力することはもちろん、仲間たちがよりやりがいを感じながら働けるよう、一人ひとりが自発的に行動をしています。

すべての社員が、全社ビジョンと日々の仕事の繋がりを感じながら働いて欲しいとの想いから活動している「ビジョンプロジェクト」、いい仕事をしている仲間を表彰する「クリエイティブアワード」、海外からのメンバーを含めた多くの社員が参加する「社員旅行実行委員」、お父さん、お母さんが日々頑張っている職場を子供や家族に見て貰いたいとの想いで開催している「子供参観日」・・・。

これらのプロジェクトは、自ら率先して仲間のために貢献したいと手を挙げた有志たちによって運営されているプロジェクトです。ネクストでは、これらの取り組みを仕事としてではなく、自ら会社や仲間に貢献したいと考えるメンバーに任せています。

ネクストの社員は、共にはたらく仲間を大切にしています。

ネクストは常に新しいことに挑戦する会社

経営理念に「革進」という言葉がありますが、意図的に「革新」ではなく、「革進」としています。これは、「次へ次へと前に進みながら、既にあるものをよりよく、革(あらた)めていく」、そのような強い意志を込めています。

私たちは、ビジョンの実現に向けてイノベーションを起こし続けるために、すべての社員が常に新しいことに挑戦することを大切にしています。社会の「不」という難しい課題を解消するためには、役員や部門長だけで解決策を考えるのは非効率です。だからこそ、年次・職種問わず全ての社員が潜在する課題を見つけ、まったく新しい解決策を考え、挑戦しています。すべての社員が挑戦する組織は力強く、社会の「不」を解消していけると思います。また、挑戦していく社員一人ひとりは、できることを繰り返し行うのではなく、未知のことに挑み経験を積んでいくので、飛躍的に成長していきます。

遠く離れて暮らす大切な家族を支えたいと考えたある社員は、大学で老人の健康管理のために「笑い」を測定する研究をしていた教授と共に試行錯誤を重ね、かつてない新しい「高齢者見守りサービス」を生みだしました。老人でも身につけやすいウェアラブルデバイスとスマートフォンとを組み合わせたそのプランは、新規事業提案制度「Switch」で優秀賞に選ばれると共に、多くのメディアに取り上げられました。

ネクストの社員は、誰もが常に新しいことに挑戦をしています。

日本一働きたい会社

ネクストは、上記のような文化を持った会社です。この文化を大切にし、更に発展させていくため、「経営理念の実現と共に、個人のビジョンの実現も目指すプロフェッショナルな人材」にとって、「日本一働きたい会社」となることを目指して様々な人事施策を実施しています。

ネクストのカルチャーに対する外部機関からの評価

GPTW「働きがいのある会社」ベストカンパニー5年連続受賞
LMI「ベストモチベーションカンパニー」6位/147位

ページの上部へ